新着情報

What’s New

    院長ブログ

    2019.04.17

  • お心遣いありがとうございます😊

    本日、新潟で勤務医をしていた時の患者さんからお手紙とお品物が届きました。

    猫ちゃんの元気な写真もいただきありがとうございます。
    5歳の誕生日おめでとう!!

  • 院長ブログ

    2019.04.07

  • 獣医師になるまで Vol.20

    私の家系では祖父母の代まで猫を飼育してきており、父の「猫を飼おう」との提案で私が高校一年生の時についに猫を飼うことになりました。
    私と弟はアメリカンショートヘアが欲しく、そのつもりで休日に家族全員でペットショップへ。
    そこではアメショーをはじめとした血統書付きのきれいな猫たちがたくさんいました。
    店内を散策していると傍らに保護された子猫コーナーがあり、180円で売られていました。
    その猫を見ているうちに情が移り、真っ白なメスの保護猫を購入することとなりました。
    私と弟は初めて飼う猫ということで、ウキウキしながら飼育に必要なグッズをカゴに集めレジへ向かいました。
    レジでは2000円のトイレ、1000円のフード、最後に180円の子猫が通されたのでした…。
    つづく

  • 院長ブログ

    2019.04.03

  • 遠く新潟から

    新潟で勤務医をしていた時の患者さんが、はるばる館林まで診察に来てくれました。

    途中雪の中、頼ってご来院いただきありがとうございます。
    診断はつきましたので、しっかり治療していこうと思います。

  • 院長ブログ

    2019.03.16

  • 獣医師になるまで Vol.19

    今回は僕が高校一年生の時から飼い始めた猫のミーの話をします。
    僕の実家は世界遺産になった富岡製糸場の近所にあります。
    僕の家系も当時は養蚕業を営んでおり、国内のみならず海外にも生糸を輸出していたそうです。
    そして養蚕業の天敵であるネズミに対する見張り役として代々猫を飼い続けていました。
    猫の名前は明治から昭和まで代々「ミー」で統一されており、私がまだ幼児だった頃に祖父母の家で飼われていた猫もミーでした。
    その後、猫がいない空白の平成時代になりましたが、父の「猫を飼おう」との提案により、再び猫を飼うこととなりました。
    つづく

  • 院長ブログ

    2019.02.28

  • 獣医師になるまで Vol.18

    開院してちょうど一週間がたちました。
    眼科や一般診療、予防関係問わずご来院いただいております。
    当初はお待たせしてしまうこともございましたが、スタッフも日を追うごとに慣れてきてスムーズな診療ができるようになってきており嬉しく思います。

    獣医師になるまでのお話を続けていきます。
    入院していた最初の飼い犬ウィリー。
    治療の甲斐なく、残念ながら入院翌日に亡くなってしまいました。
    ペットの死を初めて目の当たりにして、亡くなったことが信じられない気持ちや悲しみの気持ちなどが複雑に絡み合っていました。
    良い思い出もたくさんできましたが、もっと散歩に連れて行ってあげれば良かった、もっと美味しいものを食べさせてあげれば良かった、早く病気に気づいてあげれば良かった…、そういった後悔の思いもたくさんありました。
    この経験が後に獣医師となるきっかけの一つになったのです。
    つづく

  • 院長ブログ

    2019.02.21

  • 本日開院いたしました

    本日開院いたしました。

    これまでたくさんの方々の協力があって今日という日を迎えることができました。
    本当にありがとうございます。
    地域の獣医療に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

  • 院長ブログ

    2019.02.18

  • 昨日は内覧会

    昨日は内覧会でした。

    10時から15時という限られた時間でしたが、100名様をゆうに超える方々にご来院いただくことができました。
    また、たくさんのお品物やお花をいただきました。
    本当にありがとうございました。
    なお、開院日は今週21日(木)となりますのでよろしくお願いいたします。

  • 院長ブログ

    2019.02.09

  • 獣医師になるまで Vol.17

    犬のウィリーは12歳頃から体調があまり良くなく、時々咳をするようになりました。
    食欲も落ちてきてドッグフードを食べなくなってしまいましたが、小学生の弟が心を込めて作った手作りご飯は一生懸命食べました。
    動物病院に連れて行ったところ心臓に雑音があるとのことで入院になりました。
    どうやら状態は思っていたよりもかなり悪いようでした…。
    いつかお別れしないといけない日が来るとわかっているつもりでしたが、そんな日が来ることを想像することができませんでした。
    つづく

  • 院長ブログ

    2019.02.04

  • 東京からお客様

    昨日は東京動物眼科醫院の院長で獣医眼科学専門医の小林義崇先生が遊びに来てくれました。

    奥様とお子様もご一緒でした。
    小林先生は僕に眼科診療を教えてくださった本当に尊敬している先生です。
    今も学会や勉強会で大変お世話になっています。
    お昼は一緒に向かいの平野屋さんでラーメンを食べ、楽しい時間を過ごすことができました。


  • 院長ブログ

    2019.01.27

  • 学会に行ってきました

    今日は眼科の学会に参加するため品川インターシティへ。

    専門医が集まる中でのディスカッションは非常に勉強になります。
    また他院の先生方と交流する時間も学会の楽しみの一つであります。
    冬の新潟から東京まで学会に行くのは結構大変だったのですが、館林に来てからは格段に行きやすくなりました。
    これまで距離や時間で諦めていた学会もこれからは参加できそうなので嬉しいです。


1234Next »