新着情報

What’s New

    院長ブログ

    2019.06.13

  • 膀胱結石

    これまで膀胱結石による尿路閉塞を繰り返し、どうにかこれまで過ごしてきたという13才のわんちゃん。

    ご家族とご相談の上、根治を目指すため結石の摘出手術を行いました。
    術前にエコーで確認はしていましたが、想定以上にたくさんの結石が摘出されました。
    13才と高齢ですが、術後経過も良く元気にご飯も食べています。
    がんばって手術して良かったね^ - ^

  • 院長ブログ

    2019.06.08

  • 獣医師になるまで Vol.23

    僕が群馬県外の大学に通っていた頃のことでした。
    長期休みの際に帰省すると、実家に新たな同居人であるラブラドールレトリーバーの子犬がたたずんでいました。
    まったく聞いていなかったので突然のラブラドール登場にびっくりです。
    名前は「ラッキー」とのことでした。
    ラッキーは猫のミーと遊びたくて仕方ない様子でしたが、ミーは常に距離をとっている様子でした。
    ただ雷の日だけはしっかりくっついて肩を寄せ合っていました。
    つづく

  • 院長ブログ

    2019.05.30

  • 獣医師になるまで Vol.22

    猫のミーと一緒に生活する中で犬とはまた違った猫の魅力を知ることができました。
    その後、避妊手術を考えていた頃に隙を見て外出、1歳で妊娠して真っ白な子猫を5匹出産…。
    さすがに5匹は飼えないので、新聞広告で里親募集をしたところすぐに全員の里親が決まりました。
    結果的には良かったですが避妊手術の大切さを実感した高校時代。
    ちなみに一匹は館林の方に引き取っていただきました。
    その経験もあり、獣医師となった後、新潟で保護猫の不妊手術ボランティア活動に参加させていただいていました。
    つづく

  • 院長ブログ

    2019.05.24

  • 心臓病のセミナー

    昨日は診察終了後に心臓病のセミナーに出席するため前橋まで行ってきました。

    聴診がメインのテーマでした。
    聴診は非常に奥が深く、「音」だけで実に多くの情報が得られます。
    言葉を話すことのできない動物にとって、聴診をはじめとした診察でどれだけ情報を得られるかが非常に大切だとあらためて思いました。
    日々勉強、がんばります。

  • 院長ブログ

    2019.05.21

  • 獣医師になるまで Vol.21

    僕が高校生の時に我が家にやってきたメスの子猫はペットショップの野良猫コーナーで売られていました(180円)。
    同時購入したトイレやフードの方が高額であるという…。
    家族皆で名前を考え、あみだくじで最終決定することになりましたが、父親が勝手に「ミー!」と呼ぶようになり「ミー」になりました。
    慣れない環境で2日くらいは元気がありませんでしたが、その後は元気いっぱいで急成長していきました。
    家族の癒しとなるとともに、家の中に入ってきたハエは逃さず捕えるという活躍ぶりです。
    つづく


  • 院長ブログ

    2019.05.15

  • みけちゃん

    先週、腫瘤の摘出手術を実施した「みけちゃん」が手術創のチェックのため再診に来られました。
    ちなみにみけちゃんご家族の男の子が将来獣医師志望とのことで、本人の希望によりみけちゃんの腫瘤の摘出手術を見学されていきました。
    中学生で将来なりたい職業を思い描けることはすばらしいことだと思います。
    今回の経験が少しでもご本人の将来のために役立てれば嬉しい限りです。

  • 院長ブログ

    2019.05.05

  • 治りました^ - ^

    先月、新潟から当院まで診察に来てくれたワンちゃん。

    昨日は再診のため、はるばるご来院いただきました。
    拝見したところ、すっかり治っておりました!
    また新潟から再診に来ていただくのが心苦しかったので本当に良かったです!

  • 院長ブログ

    2019.04.17

  • お心遣いありがとうございます😊

    本日、新潟で勤務医をしていた時の患者さんからお手紙とお品物が届きました。

    猫ちゃんの元気な写真もいただきありがとうございます。
    5歳の誕生日おめでとう!!

  • 院長ブログ

    2019.04.07

  • 獣医師になるまで Vol.20

    私の家系では祖父母の代まで猫を飼育してきており、父の「猫を飼おう」との提案で私が高校一年生の時についに猫を飼うことになりました。
    私と弟はアメリカンショートヘアが欲しく、そのつもりで休日に家族全員でペットショップへ。
    そこではアメショーをはじめとした血統書付きのきれいな猫たちがたくさんいました。
    店内を散策していると傍らに保護された子猫コーナーがあり、180円で売られていました。
    その猫を見ているうちに情が移り、真っ白なメスの保護猫を購入することとなりました。
    私と弟は初めて飼う猫ということで、ウキウキしながら飼育に必要なグッズをカゴに集めレジへ向かいました。
    レジでは2000円のトイレ、1000円のフード、最後に180円の子猫が通されたのでした…。
    つづく

  • 院長ブログ

    2019.04.03

  • 遠く新潟から

    新潟で勤務医をしていた時の患者さんが、はるばる館林まで診察に来てくれました。

    途中雪の中、頼ってご来院いただきありがとうございます。
    診断はつきましたので、しっかり治療していこうと思います。

1234Next »